注文住宅の給湯器の選び方

###Site Name###
TOP > 注文住宅の給湯器の選び方

注文住宅は建物の建築だけでなく、施工する設備機器類も選ぶことが可能です。

生活に欠かせない給湯器も、選択肢があります。



ソーラーパネルを設置する注文住宅で建築するのなら、給湯器もソーラーを活用できるタイプを選ぶことができます。

ソーラーエネルギーの利用は天候に左右されるため、不安定な要素がありますが、天気の良い昼間に太陽熱で湯を作っておき、夜間の入浴や調理で湯を使用できます。



ソーラーエネルギー単体だけでなく、ガスとも強調できるタイプの給湯器ならば、必要に応じてヒーラーとガスを使い分けられます。常にお得になるように選ぶことが可能です。
注文住宅は、敷地の有効活用にも優れていますので、敷地内のスペースを活用して給湯器用のソーラー場ネルを庭やガレージの屋根に設置することも可能です。

意外な盲点になりやすいのが、二階建て住宅の一階の屋根部分です。
玄関先に突き出して屋根が施工されていれば、屋根の上も有効活用スペースになります。発電用と給湯用に使い分けて施工するのが、ソーラーパネルの最大限の活用術です。

二階の屋根だけでなく、突出部分やガレージの屋根を視野に入れるのもポイントです。



一階の屋根部分やガレージの屋根ならば、二階の窓から観察することが可能です。屋根に登らなくてもソーラーパネルの目視確認が可能になるので、メンテナンスの効率も良いです。

給湯器を構成している部品の中には消耗品も多く含まれていますので、将来的な新規交換も視野に入れて選ぶと良いでしょう。